自社サイトでネットで売上を伸ばすためのネットマーケティング

自社サイトでネットで売上を伸ばすためのネットマーケティング

自社独自の商品、自社ブランドのみを取り扱っているため知名度が低くネットショップでの売上が思うように伸び悩んでいるショップ経営者・店長の方、今日からできる自社ブランドのネットでのマーケティング方法についてご紹介いたします。

ネットでのマーケティングといって真っ先に思い浮かぶのが、リスティング広告やリマケ・リタゲと言われる広告です。そのほかにも有名なネットショッピングモールである楽天やアマゾン、ヤフーショッピングなどに出店しているのであれば、これらが提供している広告の活用などがネットでのマーケティング方法であると思われがちです。

しかし、これらの方法を利用しなくても急激に売上を伸ばすことは難しいかもしれませんが、確実に自社サイトでの売上を伸ばすことができるようになります。

自分の商品を見つけるためのクリティカルキーワードと使い方

pick_uporder

自社ブランドの商品名をネット検索で見つけるためのキーワード、クリティカルキーワードを探し出すことで自社商品をネット上で検索されやすくなるようにすることができるのです。ネット上で検索されやすくなるということは、人の目につきやすくなると言うことです。人の目につくと言うことは、リアル店舗でいうところの路面店に出店するというイメージです。

クリティカルキーワードは自社サイトに眠っている

クリティカルキーワードを具体的に探す方法の一つとして、自社サイトを徹底分析する必要性があります。運営している自社サイトが、どのようなキーワードで検索されているのかをまずはチェックします。この時あわせて、自社サイトにどれくらいの人が検索で流入してきているのかを調べておきましょう。

Googleからの検索されている状況を把握するためのツール「Search Console(サーチコンソール)」

ネットが広まる中で、Google Analyticsの存在も広く知れ渡っていますが、一方でSearch Consoleの存在が以外にしれていないことに驚きます。Google Analyticsは登録したサイトに、どれくらいの人が訪れていて、サイトページをどのように移動し購買に至ったのかを主に分析するツールになります。一方でSearch Console(サーチコンソール)とは、どのようなキーワード(クエリ)でGoogle検索されて自社サイトに流入してきたのかを知ることができます。また、Googleからどのように自社サイトが評価されているのかも大まかに知ることができるツールです。

Search Consoleとは?

Search Console(サーチコンソール)以外の調べ方とは

とにかくどのような、キーワードで検索されてほしいかという思いも重要です。例えば和菓子で有名なとらやの羊羹のサイトは実際にどのようなワードで検索されているのかが気になりましたので Similer Webというサイトを利用して、調べてみました。すると下記のようなデータがでてきました。ここから見ると”wagashi”というキーワードでとらやが、検索からの流入(Organic Search)で流入してきていることがわかります。

search

関連キーワード・セカンドワードの検索方法

ある程度、クリティカルキーワードがわかってきたらさらなるサーチキーワードのリサーチをしていきます。keywordmapというツールを利用して、関連キーワード・セカンドワードを検索することができます。関連キーワード・セカンドキーワードを見いだすことで、自社ブランドを求めている人に検索されやすくするためのSEO対策を行うことができるのです。

早速、Keywordmapで”wagashi”の関連キーワード・セカンドワードを検索したところ、下記のような図がでてきました。このマップから読み解くと、和菓子と検索する人は、「和菓子 福岡(地域名)」といって地域で検索している方が多いようであることがわかります。

keywordmap

クリティカルキーワードから検索流入増加のための仮説の設定

クリティカルキーワードとセカンドキーワードを洗い出すことができれば、自社商品がどのようなワードで検索されやすくなるかという仮説を立てやすくなります。例えば上記の「wagashi」というクリティカルキーワードとセカンドワードである「地域名」から仮説を立てるとするならば、羊羹のようなwagashiは、今海外インバウンドのお客様からネット検索されることが多いことがわかります。であるならば外国人が訪問しやすいサイト作りのために、サイトの多言語化対応をすると言う方法や越境ECとよばれる海外へのネット販売も検討することができます。

(※和菓子の場合、賞味期限や通関の問題で越境ECは厳しく、このような場合はネットから情報発信することでインバウンド顧客を獲得するという方法が妥当です。)

オリジナル商品の定期的な情報発信

system

自社流入のための仮説が立ったところで、次に必要なことは実践あるのみです。先ほど立てた仮説のもと情報を発信していくことが大切です。先ほどの和菓子+地域であるならば、自社の商品の良さを「和菓子+地域」のキーワードを盛り込んだ情報発信を、定期的に行なっていく必要があります。それは、Googleの検索結果表示ルールとして最新の情報、アクセスの多い情報サイトを基本的に検索結果の上位に表示させるからです。

自社サイトにおけるブログ更新の徹底

自社商品の定期的な情報発信場所として、もっとも適しているのが自社サイトのブログ部分です。もしくはお知らせ部分として活用できるページがあれば、その部分を常に更新するようにしていきましょう。しかし、実際にブログや情報発信をするにあたり、何から書いていけばいいのか壁にぶち当たることがほとんどです。その時は、他社のブログや競合がどのような情報を発信しているのかを参考にすればいいのです。他社がやっていることを、まずは自社でのおこない同じ土俵に立つようにしていきましょう。そうすることで次のステップに足を伸ばすことができます。

オリジナル商品を利用している写真のSNSで拡散する

最近はやりの SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)ですが、フェイスブックやツイッター、ラインやインスタグラムがおもなSNSの代表として挙げられます。まずは、これらの全てのアカウントを取得して実践してみることをおすすめしますが、すべての更新が難しいのであればまずはインスタグラムから始めてみましょう。

インスタグラムであれば、携帯で写真をとって投稿するだけです。至ってシンプルです。今日作った商品があれば、昨日撮った写真とは角度を変えた写真をとってアップしましょう。この時に#ハッシュタグで先ほどのクリティカルキーワードや地名などを入れておくとよいでしょう。さらに付け加えるのであれば、自社商品に興味のありそうな別のユーザーには、時間があるときに片っ端にイイね!をしておきましょう。そうすることで、お返しイイねのようにもらえて実際に写真をみてもらうことができます。つまり商品がみられる機会を増やすことができると言うことです。

 

 

 

 

 

10件の返信

  1. Sannybiors より:

    Nice website!

    ___
    Sanny

  2. Sannybiors より:

    Make a more new posts please 🙂
    ___
    Sanny

  3. Sannybiors より:

    Nice posts! 🙂
    ___
    Sanny

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。